吉林省・黒龍江省の経済月報( 2006 6 月)

1、全体動向 

(1)第 17 回 ハルビン商談会、盛況のうちに閉幕  黒龍江省

15 日〜 19 日まで 5 日間に亘って開催された第 17 回ハルビン商談会が閉幕した。 85 カ国・地域から 1 万 1,947 人、国内 30 省市から 11 万人の経済関係者が集った。 19 日正午現在で、同会への出展団体は 51 カ国・地域と 88 億 3 千万米ドル(昨年比 38.4 %増、海外からの投資契約は 20 億米ドル)の商談契約を結び、国内関係者との契約額は 940 億 9 千万元にのぼった。

黒龍江省の張効廉省長助理は 14 日、阿部孝哉・在瀋陽日本国総領事に会見。銭運録・省党委書記及び王利民副省長は 15 日、友好都市である山形県の斉藤弘一知事一行と会見した。( 6/4 〜 20 黒龍江日報)

(2) 国家電網公司と会談、調印式  吉林省・黒龍江省

国家電網(電力ネット)公司は吉林省政府と 9 日に、黒龍江省政府と 10 日に、両省の電力ネットの発展及び両省農村の「戸戸通電」(全家屋への電力供給を実現する)プロジェクト建設を共同推進することに関する会談議事録に調印した。( 6/10 吉林日報、 6/11 黒龍江日報)

(3)今年1〜 5 月の黒龍江省対外貿易額、伸び幅で全国一位  黒龍江省

今年 1 〜 5 月の黒龍江省の対外貿易額は引き続き大きな伸びとなり、伸び幅で全国一位となった。累計の輸出入額は 45 億 7 千万米ドルで前年同期比 43.3 %の伸びとなり、全国の平均伸び幅を 19.4 ポイント上回った。うち、輸出は 26 億 4 千万米ドル(同 41.0 %増)、輸入額は 19 億 3 千万米ドル(同 46.6 %増)。( 6/18 黒龍江日報)

2、対外経済 

(1)吉林省露極東訪問団、 3 億元の投資契約を結んで帰国  吉林省

9 日、吉林省の王a省長を団長とする同省政府代表団が 9 日間の露極東地区訪問を終えて長春に戻った。今回の訪問では新シベリア、イルクーツク、ウラジオストックなどの中露国境地域の沿海州を訪問。双方の友好を深めたほか、経済分野では 27 案件、投資・経済貿易総額 4 億 7,200 万元(うち純粋投資額は 3 億 3,000 万元)の契約を結んだ。( 6/10 東亜経貿新聞)

(2)ハルビン−ウラジオ直通バス運行、黒龍−露間に 41 路線運航  黒龍江省

18 日、ハルビン−露・ウラジオストックを結ぶ国際旅客バスの直通路線が正式に開通した。全行程 750 キロメートルを 12 時間で走る。同路線は 1997 年に開通した牡丹江−露・ウスリースク路線を延長したもの。

黒龍江省と中露国境地域を結ぶ国際バス路線は 6 月 1 日時点で、 41 路線あり、うち貨物運搬路線が 20 本、旅客用路線が 21 本。( 6/18 黒龍江日報)

(3)パグラニチヌイ貿易総合体の第一期工事が完了  黒龍江省

中露国境に両国が共同出資で建設した「綏芬河・パグラニチヌイ貿易総合体」の露側エリアにある第一期工事が完了し、 18 日からオープンした。現在、露側は約 3 億元を投入し、 8500 平方メートルの総合ビルや教会などが完成している。( 6/20 黒龍江日報)

(4)韓国企業が鶏西の石炭企業を買収  黒龍江省

このほど、韓国慶東株式会社が鶏西天増蘊炭鉱の買収契約を正式に交わした。韓国慶東株式会社は韓国最大の石炭会社で、 2005 年の石炭生産量は韓国市場の 37.4 %を占め、炭鉱管理、安全面でも世界一流レベルを誇る。( 6/28 黒龍江日報)

3、産業 

(1)中露送電ネットプロジェクトの変電所が決定  黒龍江省

このほど、黒龍江省電力有限公司は同省黒河市で中露直流送電ネットワークプロジェクト変電所候補地審査会を開催し、黒河市幸福郷のアムール川沿いに建設( 420 キロメートルの送電線建設プロジェクト)することに決定した。 2008 年の完成時には、中露間の送電能力は 75 万キロワット、年間送電量は 60 億キロワット時に達する見込み。( 6/17 黒竜江日報)

(2)全国最大の自動車市場を長春に建設  吉林省

18 日、江蘇高力集団は長春市で自動車や自動車部品などの取引市場「中国北方汽車貿易城」建設に関する投資契約を結んだ。投資総額は 30 億元。全国で最大規模の自動車市場になる予定だという。同城は長春汽車産業開発区の中心に建設される予定で、敷地面積は 130 万平方メートル。自動車・自動車部品の取引、モデル展示、物流、情報発信などを行うという。( 6/19 長春日報)

4、国有企業 

(1)今年、ハルビン市管轄の非工業国有企業 130 社を体制改革  黒龍江省

ハルビン市国有資産監督管理委員会によると、ハルビン市では今年、市管轄の非工業国有企業の体制改革の範囲を 130 社に拡大する。該当する国有企業の資産総額は 183 億元、労働者は 8 万 9,074 人に及ぶ。( 6/23 、 27 黒龍江日報)

5、農業・農村・農民 

・特になし

6、労働・社会保障 

・特になし

7、環境 

(1)中国第一回環境友好型社会建設の成果国際展覧会を開催  黒龍江省

3 日、中華環境保護聯合会が主催し、黒龍江省政府が共催する「中国第一回環境友好型社会建設・成果国際展覧会」がハルビンで開催された。これは一般社会向けに公開する中国初の環境友好型社会建設に関する展覧会。環境保護に関連する科学技術や製品、設備、文化を展示し、エコロジー社会や市場の推進をアピールした。全国から 600 社以上の企業が出展した。( 6/4 黒龍江日報)

8、その他 

(1)鉄道スピードアップ、瀋陽−ハルビン間 3 時間半に  黒龍江省

瀋陽鉄道局によると、瀋陽−ハルビン間の鉄道スピードアップ工事が完了し、瀋陽からハルビンまで所要時間が従来より 2 時間ほど短縮され、列車で 3 時間半となる。例えば、北京発ハルビン行きのT 17 次列車は時速 160 キロとなり、瀋陽−ハルビン間を 3 時間半で結ぶ。( 6/21 黒龍江日報)

(2)日本の無償援助プロジェクトで大きな成果  黒龍江省

日本による 10 億円の無償援助プロジェクト「中日乳製品協力プロジェクト」(当館注: JICA 実施の黒龍江省酪農乳業発展計画)は 2001 年スタートし、このほどプロジェクトの所期の目標を達成して終了した。 18 日には黒龍江省中日乳製品協力プロジェクト総括会議が開催され、馬淑潔・省人大副主任も出席し、日本の専門家を表彰した。同プロジェクトは牧草の改良、乳牛飼育・管理・繁殖、新型飼料開発、牛乳及び乳製品の品質管理、新しい乳製品の開発などの分野で大きな技術的成果をあげた。( 6/19 黒龍江日報)

以上