海外安全対策情報(2019年10月)

 当館では、当地に在留される皆様や、業務・留学・旅行等で当地を来訪される皆様の安全上の参考のため、中国国内の状況や公安機関による公表資料・注意喚起、当地報道等を以下のとおりまとめましたので、渡航・滞在の際の参考としてください。(本情報は四半期に一度更新しています。)
 
【邦人の方への一般的な注意事項】
≪犯罪関連≫
 冬期になると駅や商業施設の出入口で、保温用ビニールカーテン開閉のため腕を上げた際に、上着のポケットから貴重品を盗まれるスリ被害が多発しますので、外出の際には十分にご注意ください。
 また、タクシーを利用する際のトラブルなどが報告されています。運転手の許可証が見えない、メーターを使用しないなど、白タクと思われる車には乗車しない、トランクに入れた荷物がある場合には、先に荷物を下ろした後に料金を支払うようにするなど注意してください。
 
【企業関係者の方への注意事項】
 2017年4月より、中国では「外国専家来華工作許可」と「外国人入境就業許可」が統合され、「外国人来華工作許可証」が発行されることとなりました。詳細については各地の人力資源・社会保障庁にご確認ください。
 
 
 
1.治安情勢及び一般犯罪の傾向
 当館管轄地域の一般治安情勢は比較的落ち着いています。
 
2.邦人被害
 殺人・強盗等凶悪犯罪、テロ・爆弾事件・誘拐脅迫事件いずれにおいても、邦人の被害は認知していません。
 

3.当地で起きた犯罪・事故を取り上げた報道(2019年7月~9月)

(1)7月3日17時30分頃、遼寧省鉄岭市開原市で竜巻が発生し、9900人余りが被害にあった。そのうち6人が死亡、190人が負傷した。(出典参考:07.04 中華人民共和国応急管理部官網)
(2)9月10日午前、吉林省延辺朝鮮族自治州琿春市で28名の乗客を乗せた中型観光バスが横転する交通事故が発生した。運転手を含む5人が死亡、24人が重軽傷を負った。(出典参考:09.10 新華網)