新型コロナウイルスによる肺炎(疑い症例:吉林省長春市,黒竜江省牡丹江市)

2020/1/22
●1月21日,長春市内および牡丹江市内で新型コロナウイルス肺炎の疑い症例がそれぞれ1件発生。

1 吉林省衛生委員会および黒竜江省牡丹江市人民政府より,1月21日,それぞれの地域で1名の新型コロナウイルスの疑い症例があった旨発表がありました。現在この患者は,隔離の上加療されており,密接接触者についてもすでに医学的観察が実施されているとのことです。本症例は現在,規定に基づく検査が継続されており,診断が確定し次第,公表されるとしています。
2 大連市においても武漢から大連を訪れた人物の発熱等の呼吸器症状の症例が同市政府によって確認されております。
3 厚生労働省においても,咳エチケットや手洗い等,通常の感染対策を行うことが重要であるとし,武漢市からの帰国者及び入国者に対して,咳や発熱等の症状がある場合には,マスクを着用するなどし,事前に医療機関に連絡したうえで受診するよう協力を求めています。また,受診の際は武漢市滞在歴があることを申し出るよう呼びかけています。
4 遼寧省,吉林省,黒竜江省の在留邦人の皆様におかれましては,引き続き最新情報を収集し,感染予防に努めてください。

吉林省衛生健康委員会による発表(中文)
http://wsjkw.jl.gov.cn/xwzx/xwfb/202001/t20200121_6549039.html

牡丹江市人民政府による発表(中文)
http://www.mdj.gov.cn/shizheng/tztg/202001/t20200121_295702.html