新型コロナウイルス関連情報(国外から瀋陽市を訪れる者の隔離・観察措置について)

2020/3/26
●国外から瀋陽に到着された人の14日間の隔離措置の変更等について以下の通り瀋陽市外事弁公室から連絡がありました。
●主な変更点は,これまでの通告で国外から瀋陽市訪れる者は指定の場所における14日間の集中隔離を行うとされていましたが,指定の場所で7日間集中隔離後,PCR検査およびRGM検査の結果陰性の場合,自宅観察に移動されることとなったとのことです。
 
○瀋陽に戻られた方は,着陸後、検疫系事務作業(検温、用紙記入等)が行われ、入国審査、荷物のピックアップ、遼寧省内の各市・区の指定検査所に政府指定の車で移動し,PCR検査が行われ,検査結果が陰性の場合,そのまま指定場所で7日間集中隔離後再度PCR検査およびRGM検査(血液採取による抗体検査)を受けて陰性だった場合,自宅観察に移動し入国日から起算して14日後に隔離・観察期間が解除されます。
○費用は全額自己負担となり,検疫検査代合計400元,ホテル代でおおよそ1泊300~400元かかる見込みですが指定場所は現在調整中のため,未定とのことです。
○現在の措置についても変更される可能性があります。引き続き,当地政府が発表する最新情報に注意の上,中国での受入を行う会社や機関等と予め情報共有していただきますようお願いします。
 
(問い合わせ)
在瀋陽日本国総領事館 領事担当
瀋陽市和平区十四緯路50号
TEL:024-2322-7490 FAX:024-2385-2430
HP:http://www.shenyang.cn.emb-japan.go.jp/index.htm
E-Mail:ryoji@ya.mofa.go.jp
○当館「新型コロナウイルスによる肺炎」特設ホームページ:
https://www.shenyang.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000211.html