新型コロナウイルス関連情報(吉林省吉林市から黒竜江省ハルビン市を訪れる者について)

2020/5/13
【ポイント】
●5月12日,ハルビン市政府は,省外からの新型コロナウイルス感染者の輸入感染防止についての最新通告を発表。
●この通告以降,吉林省吉林市の中にある舒蘭市からハルビン市を訪れた者は14日間集中隔離を受け,その後14日間自宅観察を行い,その期間中に2回のPCR検査を受ける。自宅観察解除前に3回目のPCR検査を受け,陰性だった場合は隔離解除となる。
●4月28日以降,舒蘭市以外の吉林市からハルビンを訪れた者は,2回のPCR検査が終わるまで集中隔離を受ける。陰性だった場合は,14日間の自宅観察となり,自宅観察解除前に3回目のPCR検査を受け陰性だった場合は隔離解除となる。
 
【本文】
○5月12日,ハルビン市政府は,省外からの新型コロナウイルス感染者の輸入感染防止についての最新通告を発表しました。
○4月28日以降,吉林市からハルビン市を訪れた人は積極的に居住地の社区に報告しなければならない。
○この通告以降,舒蘭市からハルビン市を訪れた者は14日間集中隔離を受け,その後14日間自宅観察の措置を行う。最初の14日間の期間中に2回のPCR検査を,自宅観察解除前に3回目のPCR検査を受け,陰性だった場合は隔離解除となる。
○この通告前に舒蘭市からハルビン市を既に訪れている者は以下の2種類の措置を講じる。
(1)ハルビンに来て14日間経過した者は,集中隔離を行い,2回のPCR検査を24時間の間隔を開けて行い,陰性だった場合は,14日間の自宅観察となる。自宅観察解除前に3回目の検査を受け,陰性だった場合は隔離解除となる。
(2)ハルビンに来て14日間未満の者は,14日間経過するまで集中隔離を行い,2回のPCR検査を受け,陰性だった場合は,14日間の自宅観察となる。自宅観察解除前に3回目のPCR検査を受け,陰性だった場合は隔離解除となる。
○4月28日以降,舒蘭市以外の吉林市からハルビンを訪れた者は,まず集中隔離を行い,2回のPCR検査を24時間の間隔を開けて行い,陰性だった場合は,14日間の自宅観察となる。自宅観察解除前に3回目のPCR検査を受け,陰性だった場合は隔離解除となる。
 
・ハルビン市「通告第18号」
http://www.harbin.gov.cn/art/2020/5/12/art_209_898863.html
 
 
(問い合わせ)
在瀋陽日本国総領事館 領事担当
瀋陽市和平区十四緯路50号
TEL:024-2322-7490 FAX:024-2385-2430
HP:http://www.shenyang.cn.emb-japan.go.jp/index.htm
E-Mail:ryoji@ya.mofa.go.jp
○当館「新型コロナウイルスによる肺炎」特設ホームページ:
https://www.shenyang.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000211.html