瀋陽市内の極真空手道場を視察

2021/4/15
  4月13日、片江学巳総領事は、瀋陽市内の極真空手道場(一般社団法人国際空手道連盟ワールド極真会館中国総本部)を視察しました。
  自身も極真空手の経験がある片江総領事は、挨拶の中で、空手は日本の伝統的な武道の一つであり、稽古を通じて、心身を鍛え、人格形成を図るといった空手の良い点を身につけて欲しい、また、空手を通じて日本の文化に触れて欲しいと述べました。
  道場では子供から大人までが参加し、極真空手の基本動作、型、組み手などを披露しました。