新型コロナウイルス関連情報(2月21日13時)

2020/2/21
以下のとおり,東北三省における新型コロナウイルスに関する中国当局側の対応をお知らせします。なお,日本政府は,2月12日に発出した感染症スポット情報で,中国各地において状況が急激に悪化する可能性も念頭に,在中国在留邦人及び海外渡航者の方に,「情報収集等に万全を期すとともに,日本への早期の一時帰国や中国への渡航の延期を至急ご検討ください」と呼びかけています。
 
●東北三省においては,確定症例の増加ペースは緩くなっており,治癒する患者が増加しているので,患者数は遼寧省,吉林省では減少しており,黒竜江省でも頭打ちの傾向にあります。19日現在の確定症例数は次のとおりです(前日比)。遼寧省121例(0),吉林省91例(+1例),黒竜江省476例(+6例)。また,19日現在の患者数は次のとおりです(前日比)。遼寧省62(-3),吉林省50(-3),黒竜江省341(-9)。
 東北三省における患者数の推移:
https://www.shenyang.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000263.html
●東北三省各政府は,企業活動を順次再開するよう指示しています。一方,各地において,省・市外から戻った者に最大14日間の自宅待機が要請されており,また,外出制限や外部の者の立入り禁止措置がとられているところがあります。特に,ハルビン市(黒竜江省)においては,連日新たな措置がとられています。
東北三省における外出や移動の制限:
https://www.shenyang.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000260.html